仕事の押し付け合いによって混乱した経緯と所感

今日は日常生活で感じて嫌になったこと、痛み、について書きます

ある打ち合わせで仕事の押し付け合いがありました。

具体的には僕と上司にあたる人、それから、上司の二人の協同者、そして、相手方の担当者2名でした。

そこで、仕事の押し付けあいがありました。

お互いが相手の腹を探る感じがいたたまれなかったです。

そして、一番嫌だったのは、信頼したい上司のことを、上司本人の言葉によって、信頼できなくなってしまい、混乱してしまうことでした。

自分のスタンスが定まらなくなるのが一番嫌でした

人間誰しも完璧ではありませんが、その人の人間性を疑ってしまうような言葉を聞かされると、こちらとしては、悲しくなってしまいます。

僕は何か、人の役に立ち、自分の存在意義を確かめたいのだと思います。

だから、上司がその場をやり過ごすような言葉を使えば、僕も上司に言いくるめられているのではないかと疑ってしまいます。

残念ながら、仕事は役割分担が必要な以上、部下たる僕は、言葉通り、使われることが、役割なので、なんというか、雑務の処理はしなければならないでしょう。

使いっ走りでしかないのかな、なんて思ってしまいました。

主体的に行動していれば誰かが評価してくれるという思いもあって、上司にはお手伝いをさせて欲しいということを言ってきました、そして、そのように行動もして、一定の評価もいただいてきましたが、そうした評価というのも、人を操作しその場をやり過ごすためのものだったのか、なんて思ってしまいました。

いいように使われているのかどうか考えてしまいました。

そもそも、僕は何を求めていたのだろうか

そして、これから、何をすれば、このような、主体性を持ち得ない、人間関係の場から抜け出せるのか。

そうしたことを、考えていく必要があると、痛感しました。