読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目標達成には文脈を捉える力が必要という話し

目標達成とは、1日の中で決まった時間を特定の行動に使うことを指して言います。

ダイエットとか、資格勉強、語学の勉強とか、です。

文脈を捉える力とは、自分の行動を振り返って、その行動の意味に気づく能力を指します。

すごくあるものが欲しくなったとして、それはどんな欲求によるものかを理解することですね。

ここ数日、毎日机に向かってノートをとるようにしました。

その時の自分の考えや、感情を整理するためです。

手書きでノートを書いていると、いかに、自分の軸がブレブレなのかに気づくようになります。

つい1日前には、ブログを書こうと思い立っても次の日になったら、やっぱりサイトのデザインを考えようとか。

そんな感じで一つのことに取り組もうとしても、それを続けられず、何か別のことに手をつけてしまうことが往々にしてありました。

 

僕は、ブログの記事を書くのがとにかく億劫でした。

億劫とは思っていないんだけど、気づいたら、記事を書く方法考えていたり、記事のネタを探していたり、記事を書くことから離れてしまうのです。

ノートに手書きで、これから何をすべきかをまとめていくと、いかに一つのことを継続できないか、に気づきました。

どんな理由であれ、やったことのないことを継続するのは、難しいものです。

努力することが簡単なら、誰も困りはしないでしょう。

 

あれこれ考えて行動しているつもりでも、やるべきことを先延ばしにしてることには気づけないものではないでしょうか。

最近、ブログを書くことを先延ばしにしているなと感じた自分の行動がありました。

それは、、、

また次回。